乗合システムの追加
    LCC等で石垣島へのアクセスが容易になった事で実現致しました。事前に乗合日程を予約表に記載致しますので気軽にご用頂ければ幸いです。近年の遠征で支持率の高い【鮪キャスティング】を主に募ります
    フラットボートの導入
    二隻の和船を新たに稼働させます。八重山の海を更に様々な角度から楽しんでもらえればとの思いからのモーションです。リーフフィッシングからGT、ライトジギング、ファミリーフィッシングをメインにシュノーケルにも対応致します。息抜きとしての釣り、家族サービス、ビッグゲームの入門にも良いかと思います。
    船長の育成
    自身は人に教えられる様な立場ではありませんが、次に繋がる人材の勉強の場として船やフィールド、経験を提供していければと考えております。今期からは半年の修行をて【田中船長】が誕生します。海が大好きでまじめなイケメンであります。主に和船の小物とシュノーケル、大洋丸の乗合を担当致します。
    リリース前提の泳がせ釣の提唱と実行
    沖縄では先駆的に導入開拓し比類なき実績を残しましたが、海へのダメージが大き過ぎ持続性が無いことから自主規制、自主禁漁としておりました。然しながら大洋丸のみでは歯止めは掛かりませんでした。釣人は釣りが好きなので釣りに来ずにはいられません。ならば海の維持ができるシステムを構築して広められないものかと考えました。母体として、遺伝子として大事な大型カンパチのリリースは難しいものですが、生存率の高いリリース法を確立させて行きたいと考えております。
    まだまだやりたいことは沢山あるのですが、徐々に形にして行ければと思っております。
    また、海と関わる上でのバランス調整で、漁業の割合も大幅に増やす事になりました。11月から4月迄のソデイカ漁、新月廻りでの集魚灯大鮪漁、深海での本キンメ漁を組み込んでおります。石垣と糸満を母港に、台湾から大東島、吐噶喇にかけての海域で操業を行います。遊漁の末永い維持には大事なスタンスだと考えております。色々とご不便をお掛けする事もあるかと思いますが、釣師諸氏におきましては寛大なお気持ちでご理解を頂ければ幸いです。漁業経験もフィードバックされ、釣自体の厚みも増していくと考えております。
    8 Facebook Twitter Google + Pinterest